豆知識

毎日が発見です

こんにちは、往診専門どうぶつ病院ローズローズアニマルクリニックの院長、ふじいです。

 

獣医師になって15年以上たちますが、いまだに新たに知ることが多いです。

本日はパグのおじいちゃん、ポンタちゃんのところへ往診へ行きました。その日によって異なるようですが、くるくるみているほうが目が回りそうになるほど、延々円を描いて歩き続けることがあるようです。

 

くるくる回ってしまってしまうのは、シニアの動物によく見られる状態ですが、それそのものというよりそういった動きをつづけていることが足元がふらつき、転んでしまうという危険性があります。ですので、どうせまわるのであれば安全に行ってほしいものなのですが。

 

ポンタちゃんは

 

お気に入り?のトイレットぺーパーを中心にして

 

まわってくれるので

 

転ぶこともなくなかなかいいかんじです。

 

よろけてぶつかっても、トイレットペーパーならショックを吸収してくれるのでいいですよね。何かを中心にしてまわると、安定して回れていそうなので、ころびにくくもあるかもしれません。

これが高齢の動物に共通して起こる現象なら、くるくる動いてしまうことにお悩みの方にぜひ教えてあげたい、新たな発見です。

 

 

RELATED POST
往診日記

おいしいだけじゃない?!アイスの使い方

2020年7月20日
ローズローズアニマルクリニック Rose Rose Animal Clinic
こんばんは、往診専門どうぶつ病院ローズローズアニマルクリニックの藤井です。 いきなり夏になりましたね、暑くて暑くて駅のホームでペットボトルを一気飲みしてしまいました。 …
病院からのお知らせ

ペットのサマーカットにはやりすぎ注意!

2020年8月25日
ローズローズアニマルクリニック Rose Rose Animal Clinic
こんにちは、往診専門どうぶつ病院ローズローズアニマルクリニックの藤井です。 週末はえらい荒れた天気の千葉ベイエリアでしたが、昨日からまたぎらぎら暑いですね。  …