機器紹介

エコー検査をしてみませんか

本日の体温

36.2 → 36.2℃

明日は雨が降るらしいですね

 

 

開業して早3ヶ月。

 

いろいろあって、ようや~く手元にエコーが届きました!

 

往診で使うので、当然自力で運べるものでないといけません。しかし、せっかく買うなら、ちゃんと診断に結びつけるくらいのものが欲しい。

 

と友人の獣医師にきいたり、メーカーに問い合わせたり、いろいろ検討し探していただいたのは、こちらの海外メーカーです。

 

石畳のヨーロッパでゴロゴロ持ち歩いても、ホコリの舞う牛舎でも、なかなか丈夫に働いてくれるそうです。

 

さて。

往診でつかうエコー

まずは練習、調整しなくてはいけません。

 

往診でつかうエコーとチワワ

協力してもらう病院犬ココア。

思いっきり嫌そうです。

 

 

水を飲むチワワ

水を飲んでごまかそう…

 

 

エコーされるチワワ

としたところを捕まりました…

目をつぶって我慢してくれるお利口さんです。

まあ、超音波、エコーなので痛くも痒くもないんですけど。

 

 

ごほうびをもらうチワワ

なんだかんだで、無事終了。

ごほうびをもらって機嫌をなおしたココアでした。

 

 

検査にはいろいろあります。

血液検査、レントゲン検査、CT検査、心電図検査そしてエコー検査…どれも大変役に立つものです。しかし、それ単独で患者さんの状態を知るには、どれも少し足りないのです。

エコー検査は、今まさに何が起きていて、どんな影響を与えているかが、リアルタイムでわかり、しかも患者さんへの負担が少ないというメリットがあります。

血液検査を毎月やっているペットちゃんも、たまには体の中をリアルに確認してみることをおすすめします。いつも持っておりますので、お気軽にお声かけください。